スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AB!11話感想

  • 2010/06/12(土) 03:21:01

さぁさぁ物語もいよいよ終盤へとやってまいりましたぁ~!!

さて、松下五段はいったいどこに消えたのでしょうか

あのデカブツが隠れられる場所といえば…そうギルド←なんでだ。

あのオヤジコンビがいかにして活躍してくれるのか見ものですね。

ということであまり物語についての推測とか書かないようにはしていますが、

果たして黒幕は誰か。

僕もある程度いろいろ考えてこうなんじゃないかとかありますが、

あまりそういうのを好きじゃない人もいると思うので、

すべて終わったあとにでも「僕はこう考えていたんですよ」とか書こうと思います。

それで「僕はこの物語を推測できてましたよ(`・ω・´)キリッ」とか言っても誰も信じてくれないでしょうけど…orz

まぁそんな簡単な解釈でどうにかなることもないでしょうけどね。







ということで、天使ちゃんはNPCではなかったわけですが、

これはまぁ天使味方っていう時点である程度予測できましたね。

しかし、ここでひとつ見解が変わります。

今まで(というか今回も高松に対して日向が言っていましたが)「授業をちゃんと受けて、普通の学校生活を送ったら消えてしまう」とされてきましたが、

今回の天使ちゃんの件で、「学校生活を普通に送っていても、死後の世界に思い残すことがあれば消えることはない」となりました。

今までわざわざ逃げる必要なかったんですね。

あと、天使も(というか奏か)人だったということは、ゆりっぺ達もガードスキルとかインストールし放題なわけで

…最強じゃね?

もう影とか恐くなくね?

とか言っちゃだめなんでしょうよ。

はい。そんな感じですかね、今回の感想は。

それにしても直井はネタキャラ化しましたね、本当に。

そして「音無さ~ん♪」なわけですから。

世の違う方向に貴婦人な方々は大喜びでしょう。

次のコミケでは結構でるかもしれませんね。








天使ちゃんかわいいよ、天使ちゃん

奏こっちおいで、奏

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。